ベガリアのカプセルの安全性をチェック

ベガリアは1箱120粒のカプセルが入っており、多くのサプリメントに見られるようなハードカプセルを採用しています。カプセルは透明で中身が見えるため、内容量については心配はありません。このカプセルの素材はゼラチン、プルラン、セルロースなどが使用されており、人によってはこのゼラチンの成分にアレルギー反応を起こすことがあります。

この成分は基本的にタンパク質を使用してできているため、アレルギーが起こらない人も多いですが、卵白アレルギーの方はサプリメントのカプセルには注意が必要です。それ以外の部分について、カプセルに危険はそこまでなく、飲む時に喉に突っかからないように、水、または、ぬるま湯でベガリアを飲むようにすると良いでしょう。

ベガリアがカプセルに入っている理由は、成分を粉末上のままより効率的に体内に届けるためです。ベガリアにはにんにくやマムシ、トンカットアリやアカガウクルア、マカのように少し臭いのきついものも含まれているため、錠剤・タブレット上のものではまずくて飲めたものではありません。

しかし、十二指腸や小腸まで届いてからカプセルが溶けて中身が出てくれば、においは気にならずに体内でスムーズに吸収されます。この時一緒に飲む水の量が少ないとカプセルが溶けてドロドロになったものが内容物を包んだままの状態になるので、多めのぬるま湯で飲むほうが吸収効率が良くなります。

ベガリアを飲む時にもカプセルにアレルギー反応が起こらないかどうか確かめておくと安心です。

カプセルの種類と用途

サプリメントのカプセルにはベガリアなどが選んでいるハードカプセル意外にもDHAやEPAサプリメントに多いソフトカプセル、グミ状のサプリメントやコンビニに売っている口臭ケアに用いられることもあるシームレスカプセルなどもあります。ハードカプセルはそのカプセルサイズに応じて00号から5号まであり、00号の方が粉末充填量が多く、1カプセルに400mgから1750mg充填できます。

ベガリアの場合は、サイズは詳細まで分かりませんが、1粒あたりにシトルリンがせめて200mgは入っているだろうという点を考慮すると粉末充填量が200mg以上500mg未満の条件を満たす必要があり、0号、1号、2号のハードカプセルを使用している可能性が高く、そのカプセル長径は18mmから22mmほどと考えられます。これは市販されているビタミンCサプリメントでよく使用されているサイズと同等でそれほど大きすぎず、飲み込むのも困難とまではいかないでしょう。

ベガリアのように粉末状の内容物を充填する場合にはハードカプセルを使用する場合が多く、液体の場合はソフトカプセルやシームレスカプセルを利用します。

また、ハードカプセルの場合は色の付いているもののほうが多く、透明で中身が見れるカプセルはそれほど多くありません。

中身が見えればそれだけ内容量もしっかり確認できるので、ベガリアの質の良さもチェックできるでしょう。中身が見えないカプセルの場合は、成分量の差が生まれていてもそれを確かめられませんが、ベガリアならば中身が確認できるので信頼も十分あります。

効率的な摂取方法

カプセルタイプのサプリメントを飲む時に最も効率が良いのはぬるま湯で飲むことです。このカプセルは冷たい水よりはぬるま湯のほうがふやけるのが早いため、消化力が衰えている方や胃腸ですぐに吸収しはじめてほしい方はぬるま湯で飲んだほうが良いでしょう。

また、ぬるま湯は内蔵を無理に冷やさないので、胃腸の消化力に負担をかけずに吸収効率を高めてくれます。カプセルを溶かすのも少し早く、内蔵に負担をかけにくいため、40度から45度位のぬるま湯で飲むのがちょうどよいでしょう。ただし、熱湯で飲むのは逆効果でサプリメントに含まれている成分が高温により活性を失い、タンパク質は必要以上に熱だけで変性してその機能を失います。

精力剤ベガリアに含まれているのはアミノ酸やビタミン、ミネラルだけでなく、天然成分由来の酵素や一部の方々にファイトケミカルスと呼ばれるようなものも含まれていると考えられます。

この酵素は、最も働きが活性化するのが人間の対応くらいと言われており、40度ほどの温度が一番無難です。80度近い温度のお湯でベガリアを飲んだり、熱いお茶や炭酸水で飲んでしまったりすると酵素の活性が失われてしまうため、ぬるま湯がベストです。

摂取するタイミングは特に指定はないですが、食前でも食後でも問題はありません。食前の摂取では吸収効率が落ちると言われることもありますが、気になる方はベガリアを飲む前に白湯をコップ一杯飲んで内蔵を少し活性化させ、その後すぐにベガリアを摂取すれば食前のベガリア摂取でも吸収率に変わりはほぼないです。

ただし、日常的に乳製品を食べたり飲んだりする方は、消化管の内膜にタンパク質の薄い膜ができてしまっている可能性があるので、少し食生活を変えてからベガリアを飲むと良いでしょう。他にも効率よく栄養吸収する飲み方はありますので、それぞれ個人の自己責任で試してみてください。