ベガリアの亜鉛の精力増強

亜鉛には精子の形成をサポートする働きがあり、人体内で少しずつ消耗していってしまいます。生活していると生きるのに少しずつ亜鉛が減ってしまうので、食事やサプリメントで少しずつ摂取する必要があります。食物繊維を摂取しすぎている人や亜鉛の少ない食生活を続けていると亜鉛が欠乏状態になるため、サプリメントなどで補給するのが望ましいです。食生活としては主に穀物、豆類を多く摂取する人は亜鉛が欠乏しやすいため、ご飯ばかりを食べている人は亜鉛が不足している場合があります。

亜鉛は体重70kgの人の体内に総量で2.3gほどあると言われていますが、欠乏してくると味覚の働きが弱り、精子の生産が減って射精量が減少します。男性の場合はオナニー時の精子の量で亜鉛が不足しているかチェックすることもできますが、普段食べているものの味が感じにくくなった場合や刺激の強い食事を好む場合は亜鉛がもしかしたら不足しているかもしれません。

亜鉛を摂取していると精子の生産量が増えるため、射精量が増えて間接的に性欲も高まります。

亜鉛が不足すると貧血、免疫機能の弱体化などがあるため、精力剤には亜鉛が入っていないと十分な効果は期待できないでしょう。しかし、亜鉛を過剰摂取すると鉄分や銅の吸収が悪くなるため、逆に貧血気味になり、めまいや吐き気などを急性亜鉛中毒として引き起こすためサプリメントの飲み過ぎには注意が必要です。

亜鉛は天然素材にも多く含まれ、馬睾丸などにも少量亜鉛が含まれているので精力剤ベガリアには十分な量の亜鉛が含まれていると考えたほうが良いです。よって、食事で牡蠣を5つ以上食べた場合にはそれだけで1日の亜鉛摂取量は十分なため、ベガリアを飲むことで吐き気を催す可能性があることを理解しておきましょう。

亜鉛の必要摂取量

亜鉛は1日あたり8mgほど、最大でも30mgまでの摂取が良いとされています。それでも30mgはかなり多いので過剰摂取には注意しましょう。しかし、現代人には食生活の乱れ、亜鉛の少ない食事の長期化、パソコンやスマートフォンの利用時間の増加、ストレス過剰な社会生活のために亜鉛が常に不足気味になっている場合が多いです。

そのため、1日10mgほど摂取しても良いとされており、人によってはアメリカの推奨摂取量基準男性1日11mg、女性1日8mgを目安として亜鉛を摂取しようとする人もいます。精力剤を使用する段階の方は、おそらく射精量が相当落ちているはずですので、若かった頃くらいの射精量が復活できるよう安全に摂取できる分量を継続して摂取すると射精量がもとに戻るでしょう。

亜鉛は体内で骨や脾臓に多く蓄積、保管されていて、100種類以上の酵素活性化に必要な成分とされています。そのため、いきているだけで亜鉛を消耗してしまうため、日々推奨摂取量を補給できるようにするのは大切です。

毎日亜鉛を十分量摂取できない場合も、2日に1回、1週間に1回でも亜鉛を補給しておけば免疫機能をサポートし、貧血を予防してくれるでしょう。

なぜ射精量が増えると性欲が高まる?

男性ならば誰しもが経験があると思いますが、しばらくオナニーをしていないと急激にオナニーしたくなることもあります。また、射精する時が一番気持ちがよく、射精するための精子が不足していると性欲が沸いてこないという状況にもなります。精子形成が追いついていないとセックスのやる気も高まらず、オナニーでさえやる気が出ないことがあるものです。精子は一定量蓄積してから一気に射精するため、精子をどんどん生産して精子を溜め込んだ状態になると射精したくて仕方がない状態になります。

この状態になると自然と性欲も高まってくるため、この段階でオナニーをするとしっかり十分な量の射精ができます。

いつまでも精子を溜め込んでいられるわけではないため、亜鉛を多く摂取できていれば精子の生産が多くなって射精したいと思う状態を少しでも多く作れるようになります。

精子はタンパク質で作られているため、亜鉛だけでなくアカガウクルアやトンカットアリなどからアミノ酸を補給できればそれだけ精子が多く作られるようになりますので、精力剤ベガリアを摂取していれば最低限精子が多く生産できる状態になります。また、基本として水分摂取も大切で、精子の運動量や精子の濃度が高まるようにするのも大切なので、バランスの良い食事を心がけてベガリアも一緒に摂取しましょう。