シトルリンの特徴と役割

シトルリンは体内で特に毒性を示すことなく尿素回路の代謝に働きかけてくれるアミノ酸として知られています。精力剤によく含まれていますが、実際はシトルリンがペニスに直接作用するわけではなく、全身の尿素回路の働きを高めてくれるために体内各所で、血液をドロドロにしてしまうアンモニアなどを安全な尿素に変えてくれて、血行促進につながります。

シトルリンがそのままペニスの働きを高めるのではなく、作用機序としてはシトルリンが多く体内にある状態になることで、アンモニアの処理が早くなるために運動パフォーマンスを高めたり、血行促進したりするとされています。このシトルリンは食材ではスイカなどのウリ科に多く含まれていますが、食事からシトルリンを十分量摂取するのは流石に無理があります。

シトルリンを毎日十分量摂取するにはスイカを毎日1玉食べないといけないくらいの量が必要で、それでもシトルリン量は不足する可能性があります。シトルリンが精力剤によく含まれていますが、シトルリンがペニス増大や精力増強に十分な効果があるという実験は十分検討されておらず、シトルリンがあるからと言って精力増強ができるわけではありません。あくまで血行促進につながるためシトルリンが良いと言われているだけで、シトルリンを多く摂取したところで血行促進につながるわけではないです。

もともとシトルリンは医薬品として利用されており、一定の作用が期待できて、比較的安全であるという点から民間のサプリメントでも利用できるように規制がゆるくなりました。シトルリンは1日に最大で5000mg摂取しても問題ないと言われているシーンがあり、筋力トレーニングやスポーツのパフォーマンスアップのためにシトルリンを多く摂取する人も多いです。

作用機序から考えると、アンモニアが代謝されてから代謝系で自然に生成されるシトルリンがあるので、先に体内に余計な量のシトルリンがあるとアンモニアの分解を十分に行う前に他の代謝経路を進めてしまって十分なアンモニア分解につながらない可能性もあります。

理想なのは、きちんと食事から栄養補給して、アミノ酸もしっかり摂取することでどんどん尿素回路を回すことです。

また、アンモニア分解の最初の反応で必要になるオルニチンの摂取を心がけた方がアンモニア分解が促進されて人体に有用な働きをしてくれる可能性があります。

尿素回路でのシトルリンの働き

尿素回路においてシトルリンは欠かせないアミノ酸です。しかし、シトルリンはこの尿素回路の中で消費された後に再生される物質なので、シトルリンが減ってしまうことなく、何度も再利用してシトルリンを使用できるようになっています。

 

しかし、体内でたくさん何度も尿素回路が反応しているとシトルリンに限らず、オルニチンのような再利用される化学物質もそのそもそもの量が減ってしまうことがあるため、血行促進がうまくいっていない場合、精力が著しく衰えている場合には体内に不足してしまっているオルニチンやシトルリンを補給すると尿素回路が全身で再び蘇ってきちんと反応が進むようになるでしょう。

 

シトルリンやオルニチンは再利用される物質ですが、反応を繰り返すと分解されてしまうことも多いため、年齢とともに衰えてしまって精力が落ちた場合は、精力剤でシトルリンやオルニチンを補うと尿素回路を生異常な状態に近づけてくれます。

尿素回路の働きが復活してアンモニアがしっかり代謝されるようになると、体内で疲労感が減りやすくなり、血液ドロドロ状態を解消して血液の流れが良くなるでしょう。

また、アルギニンなどを同時に摂取できていると血管拡張も起こり、ニンニクなどの成分により血液の血小板凝集を起こりにくくすれば、血液と血管の両方を若々しくするのをサポートできるため、この点を考えるとベガリアのような精力剤はとても魅力的です。

シトルリンの推奨摂取量について

シトルリンは多く摂取した場合はその分代謝されて体外に排泄されます。シトルリンの摂取目安量は800mgと言われており、適度な量を毎日少しずつ摂取するのが一番です。

なぜなら、シトルリンを過剰摂取しても毒性はないですが、活動に限界のある脾臓、肝臓、腎臓などの臓器に大きな負担をかけるためむやみにシトルリンを摂取して体内の臓器に負担をかけないようにしたほうが良いです。

気づいたときには内蔵をボロボロにしてしまうような状況では、寿命を縮めているようなものなので、コスパのことも考えて毎日少しずつ継続して摂取するのが一番です。

過剰摂取しても即座に害はないですが、無駄に摂取した分のシトルリンはどれだけお金をかけていてもそのまま役立つことなく排泄されてしまうので、毎日少しずつ摂取するようにしましょう。ベガリアに含まれているシトルリンの成分量は公開されていないですが、目安の摂取量800mgに近い量含まれている可能性が高いです。

アミノ酸をバランス良く摂取しよう

シトルリンだけでなく、アミノ酸をバランス良く摂取しないと血行促進作用は十分に発揮されません。

シトルリンも、アルギニンやオルニチンも摂取し、必須アミノ酸も十分補給しましょう。スタミナアップ、精子生産にもアミノ酸は必要なので、ベガリアも利用しながらバランスよく必要なアミノ酸を補えるようにしてください。