マカの働きと精力剤としての魅力

ペルーで自生しているハーブのような植物として利用され、主に根が精力剤に用いられます。マカ(学名:Lepidium meyenii)には血液をきれいにするのを助ける作用やスタミナアップ、記憶力のサポートなど血流促進と合わせて起こりうる効果が期待できます。

マカの乾燥粉末は、約14%がプロテイン、食物繊維が約8%、19種類の必須アミノ酸やアミノ酸が含まれ、ビタミンA、B1、B2、B3、C、Dなども含まれています。また、鉄分、マグネシウム、銅、亜鉛なども含まれているため、精力増強への働きかけも十分期待できます。

また、肉体的な疲労からの回復、ストレス耐性の向上などを担ってくれるアダプトゲンと呼ばれるハーブとしても知られており、古代インドや古代中国から続く人類の経験的滋養強壮剤としても知られており、特にインカ帝国では重要な食材の一つとして認知されていました。

このマカは一度栽培をした土地の栄養をほぼ全て吸い取ってしまうと言われるほど栽培の難しい植物で、その分、収穫後にきちんと天日干しで乾燥させたものは7年以上も保管できるとされています。そのため、古来より保存食としても用いられてきましたが、精力増強のための食材としても期待されていました。

ペルーでは法律でマカの取引に規制が入るほど重視されているもので、栽培には特定の条件が必要とされています。

亜種や品種改良されたものは多くありますが、しっかり効果があるものは天然のものである場合が多く、アンデス高原で育ったものほど良質だと言われています。

マカの研究成果と報告実績

マカは精力剤としての働きが既に実証されており、他にもホルモン分泌を安定化して本来必要な分泌量に整えてくれる働きがあると言われています。スポーツマンにとっては運動のパフォーマンスを高めてくれるとされています。これはもちろんセックスにおいても同じことで、ペニスの持続力、勃起力を高めてくれて、エネルギー源としても大いに頼れます。

マカには赤色、黒色、白色と異なる物があり、アカガウクルアのような色の違いがあります。同じ根っこをハーブとして利用するあたりは似ている部分もありますが、品種としては少し異なるものです。このマカは、骨を強化したり、骨の成長を促してくれたりするともいわれています。また、神経保護活性があるともいわれておりストレスや精神的な疲労に対する保護などもあるとされています。うつ病予防にまでなるかは分かりませんが、精神的に落ち込みやすい方や気持ちが滅入っている方にもマカは効果的でしょう。

精力剤としてだけではなく、気持ちも落ち着かせてくれて、土地の栄養をすべて吸い上げるほどの栄養を含んでいるマカはそれだけ人体にも多くの栄養を補ってくれるでしょう。過剰摂取などには注意が必要でむやみに多く摂取するよりも、少量のマカエキス粉末などを長く摂取したほうが良いでしょう。

マカの栽培の特徴からどんな場所でもいつでもどこでも栽培できるわけではないのでベガリアのようなサプリメントで少しずつ摂取できると理想的です。

これらのマカの力で精力増強、血流促進、ペニス増大に働きかけてくれるだけの栄養補給ができる可能性があるので、ベガリアにマカが含まれているのはとても有り難いことです。